HOME > 診療案内 > ワクチン

診療案内

ワクチン

ワクチン接種について

他のわんちゃんやねこちゃんと直接接触していなくても、便や尿、唾液から病原体が感染することがあります。
生後2ヵ月齢と3ヵ月齢に接種してください。初回接種が早い場合は3回接種になります。
以降は1年に1回の接種をお勧めしますが、生活環境や年齢、体質などで変わる場合もありますので、詳しくはご相談ください。
ワクチンは病気を予防するものなので、調子の良いときに接種してあげてください。

犬ワクチン ¥5,600~

  5種 6種 8種 9種
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス
2型感染症
犬パラインフルエンザ
ウイルス感染症
犬パルボウイルス
感染症
犬コロナウイルス
感染症
 
犬レプトスピラ
感染症
   

※8種は2種のレプトスピラ感染症を、9種は3種のレプトスピラ感染症を予防します。

猫ワクチン ¥4,200~

  3種 5種
猫カリシ
ウイルス感染症
猫ウイルス性
鼻気管炎
猫汎白血球
減少症
猫白血病
ウイルス感染症
 
クラミジア症  

フェレットワクチン ¥5,200~

・犬用3種ワクチン
ジステンパーを予防するための接種ですが、現在、国内には認可されたフェレット用のワクチンはありませんので、犬用のワクチンを代用することになります。当院では、フェレットに比較的安全と言われている鶏胚葉由来のワクチンを使用しております。


このページのトップへ